借金問題の債務整理や過払い金の無料相談は横浜のかながわ総合法務事務所にお任せ下さい。

神奈川県を中心に全国対応で債務整理や過払い金の無料相談を実施中

司法書士行政書士かながわ総合法務事務所


神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1F
(横浜駅西口より徒歩7分 アクセスはこちら
TEL:045-328-1280
FAX:045-328-1282

無料相談フリーダイヤル

0120-631-625

営業時間:平日 9:00~17:00
                土曜 10:00~16:00

過払い金とは?

過払い金」とは、一言で説明すると、「キャッシングの利用で借入先に支払い過ぎてしまったたお金(利息)」のことを指します。

借入先は、消費者金融・サラ金のようなところは当然として、お買い物機能の付いたクレジット会社も該当します。

銀行には違法な利息というものは、ありません。

貸金業者がお金を貸す際の金利の上限、いわゆる法定利息は、

  1. 10万円未満なら年率20%まで
  2. 10万円以上100万円未満なら15%まで
  3. 100万円以上なら15%

まで法律で定められています。

そのため、消費者金融やクレジット会社などが、この範囲を超える利息の支払いを受けたしても、本来受け取る権利はありません。むしろ、借りた方から「もらいすぎてしまったお金」として、返金をしなければならないお金(過払い金)になります。

そしてこの払いすぎた金額を、貸金業者に返還するよう求めることを「過払い金返還請求」と言います。

過払い金が発生していた場合の具体例

Aさんの場合

今から8年ほど前から、X社に30万円を借入れ、以後借入れと返済を繰り返していました。

現在残っている借金が50万円弱でしたが、当事務所で任意整理と過払い金請求の依頼を受け、過払い金の計算を行ったところ、8年間で払いすぎていたものが80万円ありました。

この場合、払いすぎた80万円の内、まず50万円は現在の借金に充当されます。「実際の返金分である30万円」が発生している過払い金ということになります。

Bさんの場合

今から10年前に、Y社から30万円を借り入れ返済を続けていました。

3年前に最後の支払いをして無事Y社のお支払いを完済しました。

当事務所で完済の過払い金請求の依頼を受け、過払い金の計算をしたところ、7年間で払いすぎていたものが50万円ありました。

この場合、Bさんは支払いが終わっている(完済)以上、充当する借金の残高もないので50万円の全てが過払い金となり、返金の対象となります。

過払い金発生の基準。取引期間や限度額が重要です。

過払い金の発生目安としましては、消費者金融であれば、平成18年より前に取引がある方はほぼ発生しています。

その理由は、過払い金を認める裁判が平成18年に出されたため、これより前は違法利息が無法状態になっていたことが、原因としてあげられます。

8年以上の返済期間がある方であれば、半数以上の方が過払い金が発生していても妥当なレベルです。

  1. 昔になればなるほど高い金利で借りられていたこと。
  2. 返済期間が長ければ長いほど利息を支払っている金額が多いこと。
  3. 返済金額が多ければ多いほど多額の利息を支払っていること。
  4. 限度額が大きければ大きいほど払う利息が大きいこと。

などを基準に目安をたてていきます。

ただし、過払い金の算定は貸金業者から取引履歴を取り寄せ、払いすぎた利息がいくらあるか計算して初めて分かるものです。

前述のとおり、どのような借り入れと返済(頻繁にしていたか月に数回程度か)をされていたかによっても発生する金額は異なってきます。

過払い金請求権も時効にかかるので注意!

過払い金の注意点としてあげられる点は、過払い金も「最後に返済をした日(完済した日)から10年」で時効にかかります。

また、全ての返済が終わり契約終了となっていると、過払い金は請求できないと思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、時効をむかえない限り、過払い金は請求できます。

Aさんの場合

Aさんは〇〇会社から平成3年に初めて借入れをし、以後返済と借り入れを繰り返していましたが、平成12年7月30日に全ての支払いを終え、完済した後は〇〇会社から借り入れはしていません。

Aさんは平成5年から平成14年6月30日まで9年近くの〇〇業者との取引きがあったといえます。

8年以上の取引期間があり、また完済で〇〇業者に対しての借金は0の状態なので、払いすぎた利息があれば過払い金として全額返金されることになります。

しかし、「最終の返済日」が平成14年7月30日だとすると、平成24年7月30日には過払い金返還請求の時効をむかえてしまいますのでそれ以前に過払い請求をしなければ返金は受けられません。

過払い金についてよくある質問はこちらから

私は限度額50万円で過去に29%程度の利息を払っていたのですが…払いすぎということはありますか?

「払いすぎの金利なんてそんなことあるのですか?」と初めて耳にする方は思われるかもしれませんが、実際は多くの方が存在するというのが現実です

平成18年~20年頃からは、適正な利息(上記1~3の15%~20%)による新規の貸付けも多く見られます。

また、それ以前から取引のある顧客とは契約変更・契約見直しを行い上記の正しい利息に従っていることも多いですが、それ以前の昭和から平成18年頃までは、銀行系を除くほとんどの会社が現在で言う違法な利息の貸付けという状態になっていました。

なお消費者金融などが借入先の方では、未だに違法利息(20%を超える利息)で支払いを続けている方も見受けられます。

私は8年以上P社に支払いを続けている状況ですが、過払い金が発生していますか?

調査をかけるまで正確な金額というのは専門家でも絶対に分かりません

過払い金が発生しているかどうかは、過去の借入れ状況・返済状況により異なるので、調査をかけるまで正確な金額というのは専門家でも絶対に分かりません。

ただ目安として、限度額が50万円以上・5年以上借入れと返済を頻繁に繰り返している場合には、発生している可能性がでてきます。

8年以上取引きがある方に関してはかなりその確立が高いですし、10年以上継続的に取引をされている方(途中でカードを使用していない期間の無い方)であれば、間違いなく過払いの状態でしょう。

過去の完済会社に対しても過払い金は取り戻せるものなのでしょうか?

現在月々の返済をしている会社ではないのですが、5年前に全ての支払いを終えた会社があります。このような過去の完済会社に対しても過払い金は取り戻せるものなのでしょうか?

可能です

完済して現在支払うものがない状態でも、グレーゾーン金利を支払っていたという事実は変わりないからです。そして、現在残っている借り入れがない以上は、借入れ残高から減額するということはないわけですから、全て返金処理の対象となります。

この過払い金を、現在支払いを続けている他の会社の返済に充てることも完済している会社の有効な活用方法です。ただし、「最後に支払いをされた日(完済した日)」から10年で時効にかかり返金は受けられなくなります。

現在であれば、平成14年に完済をされた方は、今年時効を迎えてしまうので、注意されたほうがよいでしょう。

完済の過払い金請求をしたいのですが、カードももう持っていませんし契約書やATMの伝票なども何一つ持っていません。こんな状態でも過払い請求は可能でしょうか?

可能です

支払いを終えた会社の書類やカードについては全く所持されていない方も多いですが、問題なく手続きは進んでいきます。極端な話、過去に借りていた会社名さえ分かれば過払い金請求の手続きはとることが可能なのです。

なぜなら、法律家が正式に代理人となり債権調査を行えば貸金業者に提出を求める書類から全ての貸付・返済の状況が明らかになるためです。

ただし、資料をお持ちのほうが無料相談の際にはより有効なアドバイスを受けられるでしょう。

前に5社程度から借金をしていましたが、3年前におまとめローンで1本化しました。この場合前に借りていた5社から過払い金の請求はできますか?

可能です

おまとめローンで金融機関から貸金業者に返済がされても、金融機関は貸金業者の請求する金額をそのまま返済しています。つまり、本来は返済する必要のないグレーゾーン金利である利息についてまで貸金業者に返済をしてしまっています。法律家の債務整理とおまとめローンの決定的に異なる点です。

そのため、おまとめローンで1本化された後であっても、要は完済と同じ扱いなので、時効にかからない限り、貸金業者に過払い金請求を行い、返金を受けることが可能です。この過払い金を現在のおまとめローンの返済に充てることで、ぐっと返済は楽になるでしょう。

過払い金は全額が当然のように返金されるものだと思っていましたがそうではないのでしょうか?また、借入れ会社によって返金を受けられる金額は差があるのでしょうか?

業績がかなり悪化している会社とそうでない会社では、過払い金の返金額やその返還の時期は大きく異なります

裁判をしないケースでは発生額の5%以下の提示から90%近い提示のところまで様々です。期間に関しても同様に、1ヶ月程度~1年以上先のところまであります。裁判をすることで全額回収も可能ですが、控訴審まで抵抗するような業者もあり、大手貸金業者も含め資金的に余裕があるという会社は、現在はほとんどないというのが現状です。

過払い金を現在の返済に充てることで大きく状況が好転する方もいらっしゃいます。無料相談などを積極的に利用されて、ご自身の借入先の状況をよく把握することが大切です。

無料相談のお問い合わせはこちら

任意整理|過払い金請求|自己破産|個人再生|任意売却|相続放棄

債務整理や月々の返済のご相談、完済会社への過払い金請求、住宅ローン滞納に関するご相談まで幅広く対応しております。

横浜市・川崎市・横須賀市などの神奈川県の主要都市を中心に、無料相談は全国対応で行っております。神奈川県の方から他県の方までお気軽にご相談下さい。

通話料無料のフリーダイヤルよりお問い合わせ下さい

0120-631-625

受付時間:
平日 9:00〜21:00/土曜 10:00〜16:00

※メール相談は24時間受け付けております。

よくあるご質問
  • 過去に支払いをしていて完済しました。過払い金を請求できますか?
  • ニコス・セゾンなどのクレジット会社にも過払い金は発生していますか?
  • 親が亡くなって借金を支払っていたようなんですがどうすればよいですか?
  • 住宅ローンを滞納してしまっているのですがなんとかなりませんか?
  • アコム、プロミス、レイクなどに10年ほど返済しています。
    過払い金は発生していますか?

※ご来所での無料相談は予約制です。夜21:00まで相談が可能です。
※回線が込み合っている場合には 045-328-1280 までご連絡下さい。

無料相談はこちら

司法書士行政書士
かながわ総合法務事務所

0120-631-625

045-328-1280

045-328-1283

info@kanagawa-legaloffice.jp

代表者:山口 広樹

代表司法書士プロフィール

住所

神奈川県横浜市西区北幸
2-10-27 東武立野ビル1F

横浜駅西口徒歩7分

アクセスマップはこちら

事務所案内はこちら

主な対応エリア

横浜市〔青葉区・緑区瀬谷区旭区都筑区港北区神奈川区保土ヶ谷区泉区戸塚区西区中区南区磯子区港南区栄区金沢区鶴見区〕

川崎市〔麻生区・多摩区・宮前区・高津区・中原区・幸区・川崎区〕

相模原市、座間市、大和市、厚木市、海老名市、綾瀬市、藤沢市、茅ヶ崎市、鎌倉市、逗子市、横須賀市、三浦市、寒川町、平塚市、伊勢原市、秦野市、二宮町、小田原市

神奈川県を中心に全国対応で無料相談が可能です。